東南アジアの代表的な国の1つであるフィリピン。日本とも関係が深く、比較的親日な国としても有名で、旅行などでフィリピンを訪れたことがあるという方も多いのではないでしょうか。
また、近年ではフィリピンの良さに惹かれて、日本を離れフィリピンへ移住するという方も年齢や性別を問わず多く見られるようになってきました。そこで、以下ではフィリピンへ移住することのメリットについて簡単に見ていきたいと思います。

1.日本人コミュニティが存在する
冒頭でも述べたようにフィリピンには、既に多くの日本人や日本企業が進出しています。そのため、日本人のコミュニティも確立しており、移住したばかりで不安な時期などは様々なサポートを受けることができますし、日系企業への就職先を見つけることもそれほど難しくはありまあせん。

2.経済的に余裕がある
これは、移住の際にある程度資金を用意してあることが前提となりますが、フィリピンは日本に比べるとまだまだ物価が低い国であるため、日本で暮らすことと比較するとかなり裕福な暮らしが可能となります。

3.日本との行き来が楽
他国に移住したからといって、自身の母国に戻ることがないわけではありません。しかし、日本から遠く離れた国へ移住した場合、渡航費も高く、日程的にも厳しくなってしまうことから頻繁に戻れなくなってしまうというケースは多くみられます。
一方、フィリピンは日本と非常に近い位置に存在するため、片道4時間ほどとかなりスピーディーな行き来が可能です。

4.生活環境が良好
フィリピンは年間の平均気温が25度を越え、寒暖差もそれほど大きくないため一年を通じて過ごしやすい気候であることが魅力の1つです。また、フィリピンの国民性として日本人に近いおもてなし精神を持っていると言われ、外国の人間に対しても暖かく迎え入れてくれることが多いと言われてます。

5.英語が通じやすい
フィリピンは、公用語としてフィリピン語のほか英語を採用しています。そのため、無理にフィリピン語を習得しなくとも英語が話せるという人であれば、すぐにコミュニケーションを取ることができる点も大きな魅力です。